職人のつぶやき

1963年(昭和38年)より京だし巻の仕事に携わり、いつの間にか50年が 過ぎました。

毎日毎日だし巻作りに没頭してまいりました。
今までよりもっと 美味しいだし巻を買って頂けるように心掛けて参りました。

季節によっては玉子の濃度・鰹節・昆布などの違いがありそれらを見極める事が
大事な事で、これらの原料のうま味を最大限引き出せる様努力致しております。

今後とも弊店を御愛顧賜ります様お願い申し上げます。

京だし巻 職人 西尾 眞一

目次
閉じる